秋の日誌

Autumn Journal

精神の祝祭

2018年5月21日(月) 晴れ

A to Z Cafe」の窓から眺める表参道は、六本木の高層ビルを遠景とした、意外と見晴らしのいいパノラマだ。そんな風景を横目に今日も「ミシェル 城館の人」の続きを読む。「第三部 精神の祝祭」。大団円まで残り数章を残すまでとなった。三月の終わり頃から、時間の隙間を縫ってこの浩瀚な書物をコツコツ読んできたわけだが、堀田善衞がこの仕事にかけた膨大な時間にくらべれば二カ月間というのはほとんど無きに等しい。

ともあれ、時は十六世紀末。宗教戦争はいまだ収まらず、フランスの王権は無力化、パリは無政府状態という極めて危険な状態にあった。王国は三つに分割されていた。名ばかりの王権支配の王国、パリに本拠を置くギュイーズ公一党のカトリック同盟の支配地区、そして、ナヴァール公のプロテスタント支配地区である。田舎で隠棲していたはずのミシェル本人の意志とは裏腹に、彼はまだ、この政治的争乱から完全に抜け出すことはできなかった。その頃、ミシェルはモンテーニュ村の城館で、四年間にわたる市長職の疲れを癒やしていたのだった。

折しもヨーロッパは大きな変革の時を迎えようとしていた。1588年8月はじめ、世界最強と謳われたスペイン帝国の無敵艦隊が、サー・フランシス・ドレイク提督率いるイングランド王国の艦隊によって壊滅させられた。この歴史的な事件は“太陽の沈まぬ国”スペイン帝国の終焉の先触れとなるものだった。スペイン帝国の没落は同盟国であるフランス王国の、特にカトリック同盟の政治的影響力の衰退をも意味していた。ネーデルラント連邦共和国、イングランド王国の時代がすぐそこまで来ていたのだ。

DrakeKnightedTavistockMonument.jpg
By Lobsterthermidor at en.wikipedia - Own work Transferred from en.wikipedia, CC0, Link

時代が激しく揺れ動く中、「城館の人」ミシェルはその生涯を閉じた。1592年9月13日。享年、五十九歳と七カ月だった。

「こういう人をこそ、世界人、あるいは世界市民と呼ぶのであろう」

堀田善衞は最終章の最後の文章でミシェルをこのように評する。“こういう人”とはどういう人であったのか?

「ヨーロッパのほとんどすべての人々が、カトリックかプロテスタントかということでかたみに殺戮し合っていたときに、目を大きくひらいて外にも向かうことの出来る、自由闊達な精神がモンテーニュの城館の中にいた。しかも、この外に向けられた目もまた内省の一部であった」

そんな人の“精神の祝祭”がまさに「Les Essais(エセー)」と呼ばれる書物なのであった。合掌。